カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 水まわり
  • 内装
  • 暖房
  • 発電・充電
  • エクステリア
  • クリーニング・トラブル
  • ポンプ
  • 情報・セキュリティ
> >
4K・8K放送について

 

4K・8K放送について

2020年の東京オリンピックに向けて、2018年からBS、110度CSでの4K・8K実用放送が予定されています。2016年から開始されたBS(※右旋)4K・8K試験放送、2017年開始予定の110度CSでの4K試験放送は家庭のテレビでは見られませんが、2018年からの実用放送は家庭でも見ることができます。4K・8K放送の実用化に向けた流れは以下の図のようになっています。なお、地デジでの4K・8K放送の予定はありません。

4K・8K放送の実用化に向けた流れ

このページでは2018年からの実用放送に向けて、そもそも4K・8Kとは何なのか、そして家庭で4K放送を視聴するにはどのような設備が必要なのかをご紹介します。

4K・8K放送の視聴に必要な設備

BS(右旋)4K・8K放送は既存のBSアンテナで受信できますが、BS(左旋)、110度CSでの4K・8K放送も受信するには右旋 ・左旋の両方に対応したアンテナが必要です。

※右旋とは、右旋円偏波の略で、現行の衛星放送、2016年から開始されたBS(右旋)4K・8K試験放送はこれを利用しています。また、左旋とは、左旋円偏波の略です。現行放送との併存や複数のテレビへの分配などを考慮し、BS(左旋)、110度CSでの4K・8K放送では左旋のうち、高い周波数のものを利用します。

  1. 4Kテレビの場合

    4KテレビはCS対応の4Kチューナーが内蔵されているため、単独で4KのCS放送を視聴できますが、4KのBS放送は 2016年から開始された試験放送も含めて視聴できません。そのため、4KのBS放送を受信するには上記のアンテナに加えて別途BS対応の4Kチューナーが必要となります。 4K・8K放送の実用化に向けた流れ
  2. 4K対応テレビの場合

    4K対応テレビはBS・CS対応の4Kチューナーが内蔵されておらず、単に4Kの画質を表示できるだけなので、単独で4KのBS・CS放送は視聴できません。そのため、4KのBS・CS放送を受信するには上記のアンテナに加えて別途BS・CS対応の4Kチューナーが必要となります。 4K・8K放送の実用化に向けた流れ

テレビの種類 4K放送の視聴に必要な設備
4Kテレビ BS・110度CSアンテナ+BS対応の4Kチューナー+ケーブルなど+4Kテレビ
4K対応テレビ BS・110度CSアンテナ+BS・110度CS対応の4Kチューナー+ケーブルなど+4K対応テレビ

BS、110度CSでの4K放送を視聴するには、必要な機器を揃えるなど、事前の準備が欠かせません。このページを参考に、素晴らしい映像でテレビをお楽しみください。

このページのTOPへ このページのTOPへ